秘密保護法の中身にびっくり!(兵庫)

hyogo昨年12月14日、北阪神地区委員会は川西能勢口駅前で、秘密保護法反対の宣伝を行いました(左写真)。

「秘密保護法あなたは賛成?反対?」とシールアンケートで呼びかけると続々と対話に。「反対」にシールを貼った高校生は「自分の好きなアーティストが反対と言っているので気になっている」と署名に応じました。「秘密保護法はよく分からない。止められるんですか」と話す2人組の大学生に「法律の施行までにまだ時間があります。それで何としても撤回させるために署名に協力してほしい」と呼びかけると、署名に応じました。

また「賛成」にシールを貼った高校生は、「テレビでは教えてくれないことが多いから、これでもっと知ることができるようになるのでは」と話しました。「国会議員が処罰の対象になることや、むしろ知らされないことが多くなる危険がある」と話すと驚いた様子で署名しました。宣伝に参加したメンバーは、「短時間だけどたくさんの人が署名してくれた」「まだ知らないという人もいる。もっと知らせていきたい」と話しています。