歴史に逆行する靖国参拝は許さない(長崎)

県委員会は昨年12月26日、安倍首相の靖国神社参拝の報道を受けて、急きょ街頭宣伝に日本共産党と一緒にとりくみました(下写真)。

nagasaki

中西敦信県委員長は、「靖国神社には過去の侵略戦争を正当化し、評価する立場で宣伝している施設も併設されています。その靖国神社に首相が参拝することは、世界に自らも同じ立場だと発信することと同じです。こんな歴史に逆行する動きは到底許されるものではありません」とマイクで訴えました。話を聞いていた青年は、「他国の批判を呼び起こしてまで参拝する必要はあるのかな」と話しました。(通信 長崎県委員会)