核廃絶へ「私も署名します」(RLZ実委)

rlz131226Ring! Link! Zero(RLZ)実行委員会(中央委員会も団体として参加)は12月26日、都内で行われたRLZ総会のプレ企画として学習企画と街頭宣伝を行いました。

学習企画では核兵器をめぐる情勢学習の後、日本原水爆被害者団体協議会の田中煕巳事務局長を招き、戦後の被爆者援護運動について学びました。

田中さんは、1945年に広島と長崎に原爆が落とされてから57年に原爆医療法が制定されるまでの12年間ずっと被爆者は放置されてきたことや、被爆者のたたかい、2003年から行われた原爆症認定訴訟では国を相手に29連勝してきたことを報告し、「私たち被爆者は生きている限り声を上げたたかい続ける」と話しました。参加者からは「被爆者のたたかいに勇気づけられた」など感想がよせられています。

その後、JR御茶ノ水駅前で宣伝を行いました。シールアンケート対話では「核兵器はなくした方がいいと思うけれど、核保有国があるからなくせないのでは」という高校生に、「国連では『核兵器のない世界』に175カ国賛成して、核保有国など6カ国が反対している」「日本と世界の市民の声が核保有国に核兵器廃絶を迫っている」などを話すと「知らなかった。私も署名します」と「核兵器全面禁止アピール」署名に協力してくれました。