全国青年ボランティアセンター(第7次)について

全国青年ボランティアセンター(第7次)の開設が決まりました。詳細は、全国青年ボランティアセンターブログをご覧下さい。

震災から丸3年がたち、「住宅の問題が一番の関心事」「時間がたつにつれて不安がでてきて焦る」「何をいっても物事がすすまない。ストレスがたまっていく一方」など、被災者の負担は心身ともに限界にきています。

昨年のセンターでも活動を経て、お手伝いをした田んぼの持ち主の方からは、「全国からボランティアが来てくれて本当にありがたいと思った。自分の田んぼでコメが収穫できた喜びがあった」と、ボランティアが力になったと話してくれています。

今回も、「被災地を自分の目でみたい」「何か出来ることがあれば」という思いをもった全国の青年といっしょに活動します。

日本共産党福島県委員会の作成した現地の状況(2014年3月視察)が分かる動画がありますので、ぜひご覧下さい。

●富岡町・楢葉町視察

●浪江町視察

被災地を取材した民青新聞の記事もあります。ご覧下さい。

●民青新聞(3月10日付)

●民青新聞(3月24日付)