「科学的社会主義セミナー」を開催【終了】

セミナー終了

民青同盟中央委員会主催で5月24日、「学びの魅力を光らせ、生き方への模索に応えよう」と呼びかけた第38回大会決議の具体化として、科学的社会主義セミナー「マルクスと友達になろう―社会を変革する学び―」を開催します。

 

●大きなチラシはここをクリック

安倍政権の暴走やアベノミクスの破綻を目の当たりにした青年・学生から、科学的社会主義への注目が寄せられています。科学的社会主義セミナーは、「資本主義はこのまま続くのか」「社会はどうしたら変えられるのか」という青年の前向きな模索に応え、民青の学びの魅力をつかめる絶好の機会です。

初めて科学的社会主義に触れる同盟員や青年も一緒に学び、科学的社会主義を学ぶ魅力をつかむとともに、学習セミナー1課の受講を広げ、民青全体に科学的社会主義を学ぶ喜びを広げていく転機になる企画です。

科学的社会主義の本来の値打ちを明らかにし、現代に生かそうと探求を重ねてきた日本共産党社会科学研究所所長の不破哲三さんが、青年に語るまたとない機会となります。全ての都道府県から参加し、科学的社会主義を学ぶ魅力を語り広げていく力にしましょう。

 

◆セミナーの要項◆

・日時:5月24日(日) 午後2時~5時(午後1時開場)

・場所:日本共産党本部・3階大ホール

・講師:日本共産党社会科学研究所所長・不破哲三さん

・対象:民青同盟員および30歳以下の青年

・申し込み方法:参加は事前申し込み制。定員になり次第、締め切ります。民青同盟員は、所属する都道府県委員会が集約します。民青同盟員ではない青年の申し込みは、以下の通りです。

①知り合いの同盟員を通じて参加を申し込む

②専用メールアドレス(k_seminar@dylj.or.jp)に名前、年齢、連絡先、住所を明記したメールを送付する

・参加費用:参加無料です。

 

※当日のインターネット中継は行いません。パンフレットなどの出版物の予定は終了後検討します。

お問い合わせは03-5772-5701(民青同盟中央委員会)まで。