今週のみんしん(2月8日付)

戦争法廃止 「国民連合政府」実現へ 関心広げ高める運動つくりたい(1-2面)
20160208_01men平和と民主主義を求める青年の運動は止まらない―。昨年、史上空前の国民運動が始まる中、今年7月の参議院選挙から18歳選挙権が実施されます。安倍政権による抑圧から個人の尊厳を守り、どう一人ひとりが主権者として政治に参加する権利を励ましていけるか。青年と考えました。

 

<画像をクリックするとPDFデータが見られます>

 

日本軍「慰安婦」問題 日韓合意 真の解決の出発点に(3面)
20160208_03men昨年12月28日、岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相はソウルの韓国外務省で会談し、両政府の懸案であった日本軍「慰安婦」問題の解決に関して合意に達したと発表しました。今回の「合意」ではどのような解決が探られているのでしょうか。街の青年の受け止めを聞き、問題解決の展望を考えます。

<画像をクリックするとPDFデータが見られます>

 

 

周りの幸せと結びつけた生き方を 明日の自分に会いに(6-7面)
20160208_06men働く先輩に仕事のやりがいや進路をどう選んだかを聞く「明日の自分に会いに」。今回は弁護士の白神優理子さんと教師の荒井遥さん(仮名)にインタビューしました

 

<画像をクリックするとPDFデータが見られます>

 

 

ASEAN共同体の発足と平和な北東アジアへの展望(下)(10-11面)
前回はASEANが対話と重層的な平和の枠組みによって、域内の平和と安定をつくってきたことを学びました。今回は日本共産党が提唱した「北東アジア平和協力構想」を学び、北東アジアに平和的な枠組みをつくり、衝突をエスカレートさせず信頼関係を構築する展望を考えます。内容は編集局が構成しました。(2回連載)

 

Q&A 戦争法廃止へ 展望広げる署名(11面)
Q:戦争法(安保関連法)を廃止する2000万人署名が呼びかけられていますが、どんな意義があるのでしょうか?
回答者:長尾ゆりさん(全労連副議長)

 

魅せる 伝える 記録する 写真の力(12面)
近年、スマートフォンなどの普及でより身近になった写真。毎日のように撮影する人も少なくないのではないでしょうか。カメラを使っている青年に写真の魅力を聞きました。
(PDF、約1メガバイト。【Android端末の場合】Adobe Reader【iOS端末の場合】ibooksなど、アプリケーションのインストールが必要な場合があります)