米兵犯罪問題 再発防止は基地撤去しかない

5月19日、沖縄県うるま市の女性会社員(20)の遺体を遺棄したとして米軍嘉手納基地内の民間会社で働く元米海兵隊員(軍属)男性が逮捕され、その後殺人などの容疑で再逮捕されました。くり返される米兵・軍属の犯罪に、怒りの声が全国に広がっています。(文中は一部仮名)

5月25日の日米首脳会談でオバマ米大統領が米兵による事件について謝罪しなかったことに触れ「謝罪してほしい」と話す男性(3日、渋谷)

5月25日の日米首脳会談でオバマ米大統領が米兵による事件について謝罪しなかったことに触れ「謝罪してほしい」と話す男性(3日、渋谷)

基地があるが故の犯罪
犠牲になった女性は4月末から行方不明になっていました。女性が無事であってほしいと県民の誰もが願っていましたが、最悪の結果になってしまいました。
事件を受け、県民からは激しい怒りと悲しみの声が上がっています。翁長雄志県知事は5月19日、「無事発見されてほしいとの願いもむなしく、最悪の展開になってしまい、痛恨の極み」とコメントを発表。沖縄県議会は26日、自民党会派などが退席する中▽女性遺体遺棄事件への厳重抗議▽米軍普天間基地の閉鎖・撤去と「県内移設」断念▽米軍に特権を与える日米地位協定の抜本改定▽在沖米海兵隊の撤退―を求める決議を満場一致で採択しました。さらに県内市町村議会の9割以上が、事件に対する抗議決議と意見書を可決する見通しです(6日現在)。
渋谷の街頭では青年から、事件に対する怒りの声が次々と出されました。「ひどいと思う」と話す女性(高校2年)は修学旅行で沖縄を訪れ、普天間基地を見たといいます。「街中に基地があっては安心できない」。竹田幸子さん(大学3年)は「基地があるから起きる犯罪。基地をアメリカに戻した方がいい」と話します。

くり返される事件・事故
戦後、沖縄は米軍の占領下に置かれ、米兵による犯罪がくり返されてきました。沖縄県警によると、沖縄が日本に返還された1972年から2015年末までの間だけでも、米兵による刑法犯罪は5896件発生しており、そのうち殺人や性的暴行、強盗、放火などの凶悪犯罪は574件起きています。今年3月には那覇市内のホテルで観光客の女性が米兵に暴行される事件が発生しています。
事件・事故が起きるたびに日米両政府は米兵や米軍属らの深夜の外出禁止や基地外での飲酒禁止など「綱紀粛正・再発防止」を徹底するといいますが、守られたためしがありません。今回の事件を受け「綱紀粛正」策を実施中の今月5日にも、米兵が飲酒運転し、二人に重傷などを負わせる事故を起こしています。
事件がくり返される背景には、米兵・軍属が公務中に起こした事故・犯罪についての第1次裁判権(刑事事件を最初に裁判する権利)が米側にあるなど、米軍に特権を与える日米地位協定の問題があります。
街の青年からは「72年から年月がたっても改善されてないのはどういうことか」などの批判が出されました。伊藤正輝さん(大学3年)は「綱紀粛正は根本的解決にならない」と言います。日米地位協定については「時代遅れだと思う。日本にいる以上、裁判権は日本にあるべき」と話します。竹田さんは「日米地位協定は平等じゃない。要らないと思う」と言います。

基地撤去で平和な沖縄を
安倍首相は5月25日、オバマ米大統領と会談。安倍首相は大統領に「辺野古『移設』が唯一の解決策」とする「日本政府の立場は不変だ」と述べたとされ、沖縄県民に広がる「基地あるが故の事件」という批判に全く応えませんでした。くり返される米兵による犯罪・事故に沖縄県民の怒りは頂点に達しています。

事故が多発する危険なオスプレイを使った訓練を沖縄で行う米海兵隊(米海兵隊ホームページより)

事故が多発する危険なオスプレイを使った訓練を沖縄で行う米海兵隊(米海兵隊ホームページより)

「琉球新報」と沖縄テレビが合同で行った世論調査によると、米軍関係者の事件・事故の防止策は「沖縄からの全基地撤去」が42・9%と最も多く、県議会が抗議決議に初めて盛り込んだ「海兵隊の全面撤退」は52・7%で「大幅に減らすべき」の31・5%を上回りました。
5日に投開票された沖縄県議選では、翁長県政与党が改選前の議席を4上回る27議席に前進する大勝利を収め、辺野古新基地建設反対の民意があらためて示されました。新基地建設反対、基地撤去を強くうったえてきた日本共産党が1議席増で6氏が当選し県政与党第1党になりました。
海兵隊の撤退や全基地撤去を求める声が多数になりつつあります。街の青年からは「米軍基地は必要ないと思う。沖縄には多過ぎるし、なくしてほしい」などの声が出されました。「沖縄が好きで旅行などで行く」と言う男性(大学1年)は「家の上を外国の戦闘機が飛んでいるのは許せないと思う。県民からしたら侵略されていると感じるのでは」と話します。「自分がもし沖縄に住んでいたら出ていってほしいと思う」
米軍基地は沖縄だけの問題ではありません。米軍施設は沖縄以外にも全国で98カ所あり、各地で米兵・軍属による事件・事故が発生しています。全国で「基地ノー」の声を上げる時です。