10月3日付号

青年の願いに応える制度を 給付型奨学金に向けて政治を前に(1-2面)
1%e9%9d%a2%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81 大学の授業料は国立で年平均53万円、私立で年平均86万円です。高過ぎる学費が、青年から学びたい思いや将来の夢を奪っています。「学ぶ権利」の保障を求めてきた青年・国民の声に押され政府は今年、返済の要らない給付型奨学金制度の創設について具体的な検討を始めました。学費負担軽減のために、さらに政府に迫る時です。

 

 

 

冗談交わすだけで捜査!? 「共謀罪」の国会提出許すな(3面)
3%e9%9d%a2%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81友人や家族と気持ちや考えを交わし関係性を育む日々の会話。そんな意思疎通も警察の捜査の対象となる「共謀罪」の成立を安倍政権が狙っています。過去3度、人権侵害との国民の批判で廃案となりながら来年の国会提出がたくらまれる「共謀罪」の危険性について、街頭で青年と考えました。

 

 

 

自分を豊かにする読書の時間(6-7面)
6%e9%9d%a2%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81読書の秋。気候も穏やかになり過ごしやすい季節がやってきました。生き方に影響を与えたといえる読書体験はありますか?「自分にとっての読書体験」を聞きながら、感じている読書の魅力、どんな本を読んでいるのか読書について考えます。
「大企業中心の政治」の根本を考える(上) 日本共産党前衆議院議員 佐々木憲昭(10-11面)
大企業は莫大な利益の一部を政党に献金し、政治に影響力を行使してきました。安倍政権もそれに呼応して「世界一企業が活躍しやすい国」を目指すとして法人税のさらなる減税などを掲げています。「大企業中心の政治」がどんな矛盾を引き起こしているか、どう転換できるかを学びます。執筆者は日本共産党前衆議院議員の佐々木憲昭さんです。(2回連載)

 

Q&A:賃金不払いは犯罪 メールなども証拠に
Q:実際に働いた時間よりも、給料が少なく支払われます。店長に言い出しにくいのですが、どうしたら給料の支払いを要求できるでしょうか?
回答者:神部紅さん(首都圏青年ユニオン委員長)

 

秋が広がる絶品スイーツ フルーツいっぱい!(12面)
リンゴ、ナシ、ブドウ、柿。スーパーに並ぶ果物から秋の訪れを感じます。食欲の秋    を楽しもうと料理研究家の池上正子さんにレシピを教えてもらい、秋のフルーツを使った軽食・スイーツを作ってみました。