今週の民新(2月24日付)

こんにちは。「民青新聞」2月24日付の紙面を紹介します。今週は、民新の1―2、3、6面の試し読みができます。ぜひご覧ください。(PDF、約1メガバイト。【Android端末の場合】Adobe Reader【iOS端末の場合】ibooksなど、アプリケーションのインストールが必要な場合があります。) 

20140224_01men

◆「あきらめなくていい 自由に生きたい 民青の学び体験」(1、2面)

第37回全国大会決議では学習のとりくみを大きく位置付けています。「政治に声を上げ続けようと思えた」「仕事のつらさに向き合えた」など、民青の学びの魅力と学びの深め方の工夫を聞きました。

●今週の民新 試し読み(1面)

●今週の民新 試し読み(2面)
 

◆「“安倍色”強まるNHK」(3面)

NHK会長や一部の経営委員から過去の侵略戦争を正当化したり、右翼幹部を賛美する発言が出され、国内外から批判が噴出しています。街の青年の声を聞きながら問題を考えました。 

●今週の民新 試し読み(3面)

◆「学生新歓一工夫 自分たちでつくる活動」(4面)

全国の学園で新入生歓迎活動が取り組まれています。「班のことがわかるビラを作った」「新入生の関心や不安を聞きたい」――。各地取り組みや、工夫を紹介します。 

◆「班企画で仲間を迎えた」岐阜 ぴょんた班(5面)

民青を知る会で仲間を迎えた岐阜のぴょんた班の活動を紹介します。 

◆「班活動の魅力 自分らしくいられる 社会動かす実感」(6面)

昨年のいじめ・体罰実態アンケートや震災復興のボランティアにとりくみ、隔週の班会や全国青年大集会2013に班で参加するなど、元気に活動している岩手の高校生班のM組班。「『ブラック企業』のことを知れて良かった」など、班活動の魅力聞きました。 

●今週の民新 試し読み(6面)

◆「参加しよう☆全国高校生集会 全国に友だちできる 学ぶって楽しい」(7面)

「理不尽な社会を変えていこうとする一人になりたい」「同年代と政治について話ができてすごく有意義だった」など、毎年全国の高校生同盟員が集まって開催している全国高校生集会。昨年の参加者に感想と力になったことを聞きました。 

◆「働く権利と労働組合の力」下(10、11面)

前号に引き続き、全労連事務局の名取学さんに「働く際のルール・権利と、労働組合を作る意味」について書いていただきました。 

◆「音楽、歴史、言葉、文化 アジアの魅力(12面)

日本も一部であるアジア。食べ物や音楽、映画などは、ちまたでも人気で、国同士の関係もより近くなっています。アジア文化の魅力を青年に聞きました。