新成人意識調査

2017新成人意識調査 願い、不安、続々 政治に希望が欲しい(1-2面)
01men民青同盟は8、9日、全国で成人式宣伝と新成人意識調査のアンケートを行い、946人から思いを聞きました。学費や働き方などで実態や不安が次々に出され、青年を苦しめる政治の解決に向けた野党共闘のとりくみは新成人に希望を広げました。各地の宣伝の様子と新成人の思いを紹介します。(文中は一部仮名)

 

 

 

揺れる日韓合意 真の解決には歴史の反省を(3面)
03men日本と韓国両外相による、日本軍「慰安婦」問題解決のための合意から一年が経過した16年12月末、韓国・釜山の日本総領事館前に市民団体らが元「慰安婦」を象徴する「少女像」を設置。日本政府は対抗措置として駐韓日本大使を一時帰国させるなど日韓両政府の間で亀裂が生じています。「慰安婦」問題をめぐる日韓関係について青年と考えました。

 

 

社会科見学 本と人をつなげる仕事(6、7面)
06men漫画『重版出来!』やドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール』など、本に関わる仕事が注目されています。書店に並ぶ書籍や広告はどのように作られるのでしょうか。新日本出版社で働く青年に仕事のやりがいなどを聞きました。

 

 

 

 

経済民主主義への改革の展望 ~日本社会の格差と貧困を正す~(10、11面)
安倍政権の4年間によって、暮らしも経済も深刻な状況にあります。日本共産党は「格差を正し、経済に民主主義を」とうったえ、第27回大会決議で「格差と貧困の拡大、中間層の疲弊をいかに克服するかを、国の経済政策の基本にすえる必要がある」と提起しています。経済と国民生活を立て直す展望を学びます。執筆は日本共産党中央委員会の坂井希さん(政策委員会事務局次長)です。

 

Q&A:初めての部屋探し 契約は慌てずに(11面)
Q 春から大学進学で実家を出ます。部屋探しのポイントや気を付けることはありますか?
回答者:西田穣さん(ブラック地主・家主対策弁護団)

 

自由な音楽 ジャズ100周年(12面)
今年は初めて「ジャズ」という音楽がレコード化されてから100周年。1月22日は「ジャズの日」です。ジャズへの注目が高まる中、18日に東京・高田馬場のジャズバー「イントロ」で若手ジャズプレーヤーにジャズや演奏の魅力を聞きました。