住民・国民の暮らし 命守る仕事

住民・国民の暮らし 命守る仕事 公務労働のやりがいと働く実態(1-2面)
20170213_01men住民・国民の生活や命を支える仕事を担う公務員。マスコミによるバッシングや歴代政権の人員削減で職場は疲弊しています。公務職場で働く青年に働く実態と公共サービスを支える思いを聞きました。

 

 

 

 

早急にホーム柵設置を 利用者の声聞いて(3面)
20170213_03men1月14日、埼玉・JR京浜東北線蕨駅で盲導犬を連れた視覚障がい者の男性がホームから線路に転落し、列車にはねられて死亡する事故が起きました。国土交通省は2020年度までに1日の平均利用者が10万人を超える約800の駅に可動式ホーム柵の設置を決めています。相次ぐ転落事故と駅の利用について街の青年に聞きました。

 

 

 

気軽がいい 掛け替えない 友だち関係を考える(6-7面)
20170213_06men気軽にインターネットを楽しめるスマートホンが高校生に浸透する中で、ラインやツイッターなどソーシャルメディアの利用も広がっています。その下で高校生はどのように友だち関係をつくっているのでしょうか。クラスメートや幼なじみなど他の人間関係のつながりも含めて、街頭などで聞きました。

 

 

原発再稼働路線の行き詰まりと原発ゼロへの展望(10-11面)
安倍政権は、原発事故が終わったかのように被災地を切り捨て、原発再稼働を強行しています。福島第1原発事故の処理費用の増大、原発の稼働年数の延長など、国民に犠牲を強いる政府の姿勢に怒りが広がっています。日本共産党第27回党大会決定で示された原発推進路線の行き詰まりと、エネルギー政策打開の展望を学びます。日本共産党の鈴木剛さん(原発・エネルギー問題対策委員会)に聞きました。

 

敷金は契約終了で戻る(11面)

Q:賃貸契約でよく聞く「敷金」ってどういう意味ですか? 必ず支払わないといけないのでしょうか。
回答者:西田穣さん(ブラック地主・家主対策弁護団)

 

猫に新しい家族を 保護猫カフェ(12面)
近年の猫ブームによって、猫の飼育数が犬を上回るのではないかと注目されています。ブームの一方、昨年度の猫の殺処分数は約6万8千匹でした(環境省統計)。飼い主のいない猫をなくそうととりくんでいる保護猫カフェに行ってきました。