3野党 38→69議席へ前進、多摩科学技術高等学校 ロボット研究部

市民と野党の共闘が力を発揮  3野党 38→69議席へ前進(1-2面)
20171106_01men10月22日に投開票された総選挙は、「安倍政権に替わる政治を」という市民の声を受け、日本共産党、立憲民主党、社民党が市民連合と政策合意を結び、協力・連携してたたかいました。民青同盟は、青年と一緒にたたかう選挙としてとりくみました。(PDF

 

 

 

最低賃金引き上げを  時給1500円の実現へ(3面)
20171106_03men10月に各都道府県で最低賃金額が改定されました。しかし、安倍政権の下で働く人の実質賃金は年間10万円も下がり、家計消費は一世帯あたり22万円減るなど、暮らしや経済は大きく落ち込んでいます。生活実態や最賃引き上げについて街の青年に聞きました。(PDF

 

 

 

チームワークが動力源 多摩科学技術高等学校 ロボット研究部(7-6面)
20171106_06men運動部や文化部など高校にはさまざまな部活があります。10月24日、部活の中でも珍しい「ロボット研究部」のある多摩科学技術高等学校を訪れ、ものづくりにとりくむ高校生に魅力や自身の成長などを聞きました。(PDF

 

 

芸術の秋 作品に触れる楽しさ、美術館の魅力(10―11面)
芸術は感性や多様な価値観を育むために欠かせないものです。美術館ではさまざまな芸術作品に触れ、人類の歴史が学べます。美術館の役割について、府中市美術館で学芸員を務める武居利史さんに話を聞きました。        (内容は編集局でまとめました)

 

Q&A:紀元前45年に採用 西洋諸国の進出で拡大
質問:「1年365日」という長さは、いつ頃に決まったのでしょうか?

 
ホントはどんな意味? 間違えやすい言葉(12面)
文化庁の最近の調査(「国語に関する世論調査」の結果の概要)では、本来の意味と違った意味で慣用句を使っている人が増えていることが明らかになりました。「さわり」「ぞっとしない」など、普段使っている言葉の本来の意味を知っているかどうか、街頭の青年に聞きました。