今週のみんしん(12月29日・1月5日付)

こんにちは。「民青新聞」2014年12月29日・2015年1月5日付の紙面を紹介します。今週は、民新の1-2、3面の試し読みができます。ぜひご覧ください。(PDF、約1メガバイト。【Android端末の場合】Adobe Reader【iOS端末の場合】ibooksなど、アプリケーションのインストールが必要な場合があります。)

◆「暴走ストップ 願い実現へ 8→21議席に 躍進の日本共産党」(1-2面)

20141229-20150105_01men

「こんな躍進初めて」「若者の要求が届く政治になる」―。12月14日に投開票された衆議院総選挙で、日本共産党は比例代表選挙で606万票を獲得、小選挙区では沖縄1区で赤嶺政賢候補が当選し、全体で21議席を得ました。衆議院でも議案提案権を獲得し、青年の命と暮らしを守る力を大きく躍進させました。

●今週の民新 試し読み(1面)

●今週の民新 試し読み(2面)


 

◆「歴史・大学への攻撃許さない 北星学園大学脅迫問題」(3面)

20141229-20150105_03men

北海道・札幌市の北星学園大学が、同大学非常勤講師を辞めさせろと激しい脅迫を受けています。これに対し、差別や大学自治への介入を許さないという声が広がっています。

●今週の民新 試し読み(3面)


 

◆「政治を変えたい 自分たちの願い実現へ 衆議院総選挙」(6-7面)

12月14日に投開票が行われた衆議院総選挙。集団的自衛権や消費税増税など、高校生にとっても重要な問題が問われていました。高校生は選挙をどう受け止めたのでしょうか。注目している社会問題について、関心と思いを聞きました。

◆「原発と人類は共存できない ―福島原発事故の現状から見る―」(10、11面)

安倍政権は、原発を永久に使い続ける「エネルギー基本計画」を決め、原発再稼働へと暴走しています。原発事故の収束や賠償、除染、汚染水など問題が山積しているにもかかわらず、被災地を切り捨てる安倍政権の姿勢に、怒りが集まっています。原発再稼働の動きと福島の現状から、原発推進の政治の問題点を学びます。

◆Q&A 1分単位の給料が出ない

アルバイト先では、1分単位の給料が出ません。賃金も安く、不満はありますが、人手不足なので辞めるに辞められません。私たちのもつ働く権利についてこたえます。

◆「ナルトと自分重ねて 連載15年NARUTO完結 」(12面)

連載開始から15年、世界中でファンを魅了してきた漫画『NARUTOーナルトー』(集英社)がついに完結しました。連載終了を記念して行われた「超巨大よせがきプロジェクト?」などで魅力を青年に聞きました。