2018新成人意識調査、友だちとの付き合い方

ハタチの願い 未来に希望持てる社会に 2018新成人意識調査(1-2面)
20180129_01men民青同盟は1月、全国で成人式宣伝を行い新成人意識調査アンケートにとりくみました。アンケートには新成人549人が回答し、「人の役に立てる仕事がしたい」「改憲よりも教育に力を入れてほしい」など将来の展望、政治や社会への思いを語りました。(PDF

 

 

 

 

エルサレム首都認定問題 「トランプ・ファースト」の危険(3面)
20180129_03menトランプ米大統領は昨年12月6日、エルサレムをイスラエルの首都として認めることを表明し、テルアビブにある米大使館をエルサレムに移転する方針を決めました。各国首脳から批判の声が上がる中、安倍政権は「注視する」(菅義偉官房長官)と発言し、対米追随の姿勢を取っています。街の青年と「トランプ・ファースト」の安倍政権について考えました。(PDF

 

 

 

どんな関係つくりたい? 友だちとの付き合い方(6-7面)
20180129_06men「思ったことを言い合える友だちがいる」「キャラをつくって接している」―。人間関係づくりの中には、さまざまな苦労や葛藤があります。高校生がどういう友だち関係を築いているのか、話を聞きました。(PDF

 

 

 

女性差別のない社会へ (10―11面)
日本は昨年、過去最低のジェンダー・ギャップ指数を更新し、男女間の賃金格差や妊娠・出産を契機にした離職・退職強要など、女性の権利が世界に比べても立ち遅れています。女性の権利が保障される社会に向けて何が大事かを考えます。日弁連で両性の平等に関する委員会の委員を務める弁護士の岸松江さんに話を聞きました。

 

Q&A:多様な出会いにこそ
余裕ある関係づくりを
質問: インターネットで知り合って結婚する人もいると聞きます。「婚活」に関心がありますが、結婚を目的に知り合うことに不安もあります。
回答者:村瀬幸浩さん 日本思春期学会 名誉会員

 

憲法9条こそ、世界平和の方向 第9回 Peace Night9(12面)
昨年12月21日、首都圏の各大学の「9条の会」メンバーが9条を学び生かそうと「第9回Peace Night9」を開催し、100人超が参加しました。「9条変えると、どうなるの?」をテーマに講演と学生同士のトークセッションなどを行いました。